ほくろ除去ってどうなの? ほくろ除去についてのハウ・トゥ

 

漢方クリームでほくろ除去

「ほくろ」除去方法として、レーザーや外科的施術と比較して、安易で手軽な方法として除去クリームを使う方法があります。
「ほくろ」除去用クリームとしては、漢方クリームと海外で評判となっているWMVクリームがありますが、ここでは漢方クリームについてご紹介したいと思います。
 
漢方のクリームは、台湾で古くから民間療法として使われてきているとのことで、購入するには個人輸入となるようですが、日本で販売を行っている実店舗があるようです。
ネットでコンタクト可能な店舗としては下記URLのお店があります。2つのサイトはどちらも同じお店のサイトです。
[ アトリエ詩絵里]
⇒ http://www.shieri.com/hokurojokyo.htm
⇒ http://salon.ispot.jp/s/shieri/
 
漢方クリームの詳しい使用法や商品に関するQ&Aは、上記店舗のサイトでご確認できます。
漢方クリームでのほくろ除去に興味があり、購入を考える方は、アクセスしてご確認してみてください。下段のサイトの方には"掲示板"もあり質疑応答が行われていますので、お問い合せしてみても良いと思います。
 
クリームを塗ることで気になっている「ほくろ」が除去できるのでしたら、これほど手軽な方法はありませんが、本当に除去できるのか、ほくろを除去した後の部分もきれいになるのかなど気になることがありますよね。
痕やくぼみやシミ等ができてしまってはうれしくありませんが、一般的なほくろでしたら除去後は教えなければ気づかれないほどになるようです。
 
自分では「ほくろ」があったこと知っているので、たとえ小さな痕やくぼみでも気になるでしょうが、他人から見れば教えられなければ全く気づかないくらいになるということです。

この漢方クリームは顔の「ほくろ」でも大丈夫とのことです。
ですが、まずは他の目立たない部分の「ほくろ」で試してみて、特に異常がみられないようでしたら顔の「ほくろ」にもする、という段階を踏んだ方が良いと思います。
ただ、この漢方クリームを実際に購入する人のほとんどは、顔の「ほくろ」を除去する目的で購入しているようです。
また、このほくろ除去用漢方クリームを使って「ほくろ」を除去して、かぶれや肌荒れなどの肌の異常を起こした人はいないということです。
敏感肌の方は、漢方成分なので大丈夫だと思いますが、事前にお店へお問い合せをしてることをおすすめします。
ですが個人個人で様々な肌質・体質があるりますので、全ての人に異常がおきないということは言い切れない事をご了承下さい。(このことは、漢方クリームだけでなく、全ての施術にいえることでもありますが)

<スポンサードリンク>
 

このページのトップへ ▲
【ほくろ除去や美容関連ニュース】
カネボウ化粧品は化粧品専門店専用ブランド「トワニー」の、“上質”を志向する30代からの大人の女性に向けたメイクアップライン「グラマシー」から、2008年秋冬の新商品・新色を8月16日に発売する(全7品目14品種)。(2008年8月6日)

関連ホームページリンク
Copyright (C) 2008 ほくろ除去 How to. All Rights Reserved.