ほくろ除去ってどうなの? ほくろ除去についてのハウ・トゥ

 

ほくろ除去による傷あとについて

「ほくろ」の除去をお考えになっている方にとって、不安や心配の一つが、術後の傷あとについてではないでしょうか。
このページでは、代表的な「ほくろ」の除去法別に、術後の傷あとはどうなのかについてご紹介したいと思います。
 
【切除縫合法】 
除去した「ほくろ」の3倍ほどの長さの傷あとが残る場合がありますが、横一直線に切りますので、術後の時間経過と共に顔のシワと同化してしまえば、さほど目立つことはなくなります。
また、ほくろを除去した部分が赤くなったり、除去した周辺の皮膚がかたくなり突っ張ったような感じになることがありますが、この症状は永続的なものではなく、3ヶ月ほどすれば目立たない程度の傷あとになります。
 
【くり抜き法】 
くり抜き法は、「ほくろ」の部分を丸くくり抜くので、ニキビ跡のような丸く凹んだような傷跡が残る場合がありますが、小さな「ほくろ」であればほとんど目立ちません。
5ミリを超えるような「ほくろ」にはこのくり抜き法はあまり適しておらず、傷あとがケロイド化することもあります。
 
【レーザー治療】 
除去治療のの直後は少し凹みが出るものの、傷あとは小さく、ほとんど目立ちません。
ただ、ケロイド体質の方や大きなほくろにはこのレーザー治療は適していません。
レーザー治療による「ほくろ」除去は、術後の傷あとが一番きれいとされています。
術後は手術部分がかさぶたのようになる事が多いのですが、すり傷をした時と同じように、新しい皮膚ができた時点でかさぶたは自然に剥がれ落ちます。
かさぶたは取りたくなるものですが、無理に取ると肌に良くないですので、自然に剥がれるまでガマンしましょう。
また、ほくろ除去後の跡にシミを作らないように、6ヶ月間ほどは紫外線対策をしっかりやりましょう。
 
以上のいずれの「ほくろ」除去方法においても共通なこととして言えるのは、術後のケアもしっかりとやらなければならないということです。
「ほくろ」の除去をきれいに成功させるは、『施術50%、術後のケア50%』と言われます。
目立たない程度に治るはずの傷あとが、そうはならなくなってしまう可能性があります。
もっとも気をつけたい点は紫外線対策です。術後の紫外線対策を怠ると、色素沈着が起ってシミの原因となってしまうことがあります。

<スポンサードリンク>
 

このページのトップへ ▲
【ほくろ除去や美容関連ニュース】
カネボウ化粧品は化粧品専門店専用ブランド「トワニー」の、“上質”を志向する30代からの大人の女性に向けたメイクアップライン「グラマシー」から、2008年秋冬の新商品・新色を8月16日に発売する(全7品目14品種)。(2008年8月6日)

関連ホームページリンク
Copyright (C) 2008 ほくろ除去 How to. All Rights Reserved.